zabbix

zabbixからslackにpostする

  • incoming-webhook を使う
    • slack側でurl取得を行なっておく.
  • 方針として,zabbixではmediaを使ってactionでひっかけてtriggerする感じ.
    • mediaを登録
      • 管理->メディアタイプ
      • 名前は適当,タイプはスクリプト,スクリプト名はスクリプトのファイル名.
      • scriptはzabbix directoryのalertacripts配下に置く.
        • /usr/lib/zabbix/alertscripts/slack_notify.sh
    • ユーザにmediaを紐づける
      • 管理->ユーザ->ユーザ(ユーザグループではない)->メディアタブ
      • 通知したいuser(通知用userでもなんでもよい)のmediaに上記mediaを紐づける.
      • ここの送信先がスクリプト呼出の第1引数になる.
    • actionの設定をする.
      • 設定->アクション->アクションの作成
      • 名前は適当,
      • 件名がスクリプトを呼ぶときの第2引数になる.
      • メッセージがまるごとスクリプトを呼ぶときの第3引数になる.
        • メッセージに乗っけるマクロの書き方とかはmanual参照
      • 実行内容はメッセージの送信で先ほど紐づけたのユーザが含まれるユーザグループや,そのユーザに送信するよう選択.次のメディアのみの使用で登録したmediaを選択.
      • その他適切に自由に実行条件等をチューンする.
      • もうひとつのやりかたとして,実行内容でリモートコマンドの実行とする手がある.
  • https://github.com/ericoc/zabbix-slack-alertscript

時刻監視

  • https://qiita.com/miyahang55/items/9d1f99e9549143cdc8de
  • zabのアイテムとして下記を登録.
項目  値
名前  お好みで
タイプ zabbixエージェント
キー  system.localtime
データ型  数値(整数)
更新間隔  お好みで
  • zabのトリガとして必要に応じて下記を登録
項目  値
名前  お好みで
条件式 {<template_name>:system.localtime.fuzzytime(<diff_threshold>)}=0
深刻度 警告(お好みで)