Cisco - BGP

About BGP

  • TCP 179 port
  • Classless
  • triggerd update(differenece update)
  • Message
    • OPEN: TCPコネクション確立後にBGP neighborとのセッションを開始するためのメッセージ.BGP protocol version, AS-num, Router-ID, holdtime, authenticationの情報が含まれる.
    • UPDATE: ルート情報が含まれるメッセージ
    • KEEPALIVE: BGP neighborを維持するための生存メッセージ.defaultで60sec(Cisco)送信され,holddown-timerは180sec(Cisco)
    • NOTIFICATION: error検出時に通知されるメッセージ.es.)hostdown time超過.bgpセッションを切断する場合等.
  • State
    • Idle
      • neighborへの疎通性があればTCP接続を開始する状態.
    • Connect
      • TCP接続の完了を待っている状態.TCP接続が完了した場合Openメッセージを送信してOpen Sentに遷移.TCP接続が失敗するとActiveへ遷移.
    • Active
      • TCP接続を施行している状態.
    • Open Sent
      • Openメッセージを送出し,neighborからのOPENメッセージを待機している状態.
      • neighborからのOPENが正しく受理された場合,OPEN Confirmへ遷移.
    • Open Confirm
      • KEEPALIVE/NOTIFICATIONを待っている状態.
      • KEEPALIVEを受信した場合Establishedに遷移.
      • NOTIFICATIONを受信した場合はIdleへ遷移.
    • Established
      • BGP neighborが確立している状態.
      • UPDATEメッセージ交換等を実施.
      • NOTIFICATIONメッセージを受信した場合はIdleへ遷移.
  • table
    • neighbor table
      • show ip bgp summary
      • neighbor state: show bgp neighbors
    • bgp table
      • show ip bgp
    • routing table
      • show ip route
  • check point: BGP neighbor UP
    • AS number
    • IP Reachability to neighbor IP
      • interface, TTLに注意.
    • Authentication
      • password, etc...
  • Confederation
(config)# router bgp <as-number1> # コンフェデレーションにより分割された自分のAS番号
(config-router)# bgp confederation identifier <as-number2> # これが本来のAS番号(Global AS)
(config-router)# bgp confederation peers <as-number3> # コンフェデレーションによりピアする内部ASのAS番号

configuration

(config)# router bgp as-number
(config-router)# neighbor <ip-address> remote-as <as-number>
# (config-router)#neighbor 10.2.2.2 update-source loopback 0
# (config-router)#neighbor 10.2.2.2 ebgp-multihop 2

(config-router)# network <network> mask <mask> # advertise network

(config-router)# timers bgp <keepalive_interval> <holdtime>

(config-route-map)# aggregate-address <address> <mask> [as-set] [as-confed-set] [summary-only] [advertise-map name] [attribute-map name] [supress-map name]
  • RFC1771では、BGPのkeepalive intervalはholdtimeの1/3の値が推奨されている.
  • clear bgp
    • BGPではメトリックの変更(ex. LOCAL_PREF, MED)ではネットワークの変更とみなされないため,UPDATEは即座に送出されない.
    • Peerを切らずにUPDATEを送出する場合: clear ip bgp <neighbor ip-address> soft out
    • Peerを切らずにルート情報の再送信を要求する
      • clear ip bgp <neighbor-ip-address> soft in
        • neighbor <ip-address> soft-reconfiguration inboundをいれておくとbgp filterを変えた時等にルート情報を再要求しなくてよいので便利
    • すべてのBGPピアをhard reset
      • clear ip bgp *

commands

  • show ip route

debug/t-shoot

References